生獣

なまけもの

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月11日(金)渋谷LUSH 前野健太 vs 神聖かまってちゃん

6月11日(金)渋谷LUSH
【LUSH 5th Anniversary】 BELL'presents ~3分で幸せになる100の方法 Vol.3~
Open18:00/Start19:00
前野健太 vs 神聖かまってちゃん
【LUSH 5th Anniversary】 BELL'presents ~3分で幸せになる100の方法 Vol.3~

渋谷ハチ公近くのコインロッカー300円に荷物を預け、開場15分前に渋谷LUSHに到着。
お客さんが数人階段に座り込んでいる。だんだん人が増えてきてなんとなく列が出来る。
サブカルさん達のiPhoneユーザー率が高い。
階段下の入場口に千葉銀さんとmonoくんが居た。
渋谷屋根裏のライブで買ったチケット整理番号37番で入場したが、まだ実質12人くらいしかいない。
砂かぶりの最前列は埋まっていて二列目中央やや左寄りで開演を待つ。
開演までの1時間、住所不定無職のアルバムが延々とループ。
元気な曲を立ちっぱなしでずっと何度もループで聴かされ続けるのは住所不定無職が嫌いになりそうなくらいの拷問だった。
1時間以上経って、天然アフロヘアーにサングラスと変わったデザインの帽子で前野健太が登場。
木目が綺麗で高そうなエレキギター。
ドラムはPOP鈴木という中年男性。右端には若いカメラマンがいる。

【不完全セットリスト】
せなか
鴨川
友達じゃがまんできない
天気予報
とんこつラーメンくさい街

などなど。
※順不順

帽子をかぶったり脱いだり、サングラスをつけたり外したりと小ネタを入れてくるなんか面白いキャラクター。
サングラスを外すと意外に目がキラキラしていた。
轟音でエレキギターを掻き鳴らしながらの弾き語り。時々辛そうな表情をする。
足元には機材が5つくらいあって、足でスイッチを入れたり、しゃがんでツマミをいじったりとよくわからないけど忙しい。
いい声で引き込まれたんだけど、弾き語りをどう聴けばいいのかわからず棒立ちではないが少し揺れてみながら観ていた。
マギー司郎の客いぢり的なMCのはずがお客さんのリクエスト一発目が準備していた曲でMCが破綻していたのが面白かった。
前野さんが唐突にピックを投げるとお客さんに避けられていたのも面白かった。
ドラムのPOP鈴木さんも全力な表情で力いっぱい演奏していて良かった。
ライブが終わって物販の方に聞いてみたら前野健太主演の映画「ライブテープ」は7月に池袋でまた上映されるとのことだった。
一度テレビで見たことのある松江哲明監督が居て東京って狭いんだなと感心した。

【7 月、池袋シネマロサ「録音映画祭」にて「ライブテープ」上映決定!!!】

前野健太さんの出番が終わると恒例のの子ファンによる前へ前への圧縮が始まった。
女性が多いがデカくてイカツイ兄ちゃんもチラホラ居て地獄絵図になるのかなと不安になった。
前のほうにくるなら迷惑なので荷物はロッカーに預けて欲しかった。WOWOW公開収録のshibuya-AXではハイヒールやサンダルで来る人も居た。
柵の上から白いロールスクリーンが降りてきて転換作業が始まった。20分以上かかってかまってちゃんが登場。
の子さんはビートたけし風の長袖トレーナーにヘアピン。みさこさんは夏らしい麦わら帽子にサンリオか何かの青いTシャツにホットパンツ。monoくんは銀色のネックレスをしていた以外は千葉銀さんと同じでいつも通り。

暑いなと思っていたらの子さんが喉を気にしてエアコンを切ってしまっていた。
いつものgdgdがありつつ一曲目は未発表曲の「ねこらじ」。

の子「多分知らないと思うけど、ねこらじって曲です」
客「おー(拍手)」
の子「知ってんのかお前ら」

【不完全セットリスト】
ねこらじ
ロックンロールは鳴り止まないっ
自分らしく
天使じゃ地上じゃちっそく死
スピード
夕方のピアノ
美ちなる方へ
笛吹き花ちゃん
芋虫さん
※順不順

アンコール
23歳
ゆーれい
ちりとり

今回初めてドラムとキーボードがよく見える位置に行けたのでmonoくんとみさこさんばかり観ていた。
前野健太さんのおかげか、暑さのせいか。地獄絵図の不安はどこへやらモッシュどころか人差し指も居ませんでした。
お客さんの元気がなくていつもの声援や野次も殆ど無かった。
天使じゃ地上じゃちっそく死で「死にたいなー」と叫ぶの子さんは肉眼で見てもビリビリと震えるほどの覇気使いだった。
スピードの無音での溜めるところも溜めに溜めていて新鮮で良かった。
間近で観る自分らしくのmonoくんのポンポコ太鼓はカッコよかった。
monoくんは曲によってピアノにギターにと忙しそうだった。なんか失敗して苦笑いしながら演奏するmonoくんをの子さんが歌いながらチラ見していた。
monoくんがピアノを引きながらの子さんを見てたり、みさこさんがメンバーに視線を向けていたりと今まであまり観られなかったところに気付けて良かった。
汗だくのみさこさんの千葉銀への流し目がちょっと色っぽかった。

今回残念だった点は、音が悪い気がした点と暑さにヤラれたmonoくんの絶不調ぶり。
他のメンバーに比べてあんまり汗をかいてなかった。酒飲んでるし、汗をかきにくい人は辛いだろうな。
の子さんの長州小力のネタふりも気付いてなかった。ネタが古いってのもあるかもしれない。
暑さに耐えかねた千葉銀がmonoくんの水を頭からかぶってビチョビチョになっていた。
汗だくでビチョビチョのの子さんの顔はマジキチ度が5割増しだった。
美ちなるほうへではほぼイキかけてた。

ちんぐこと竹内さんが左隅で撮影していて、youtubeに動画を上げてくれたけれど数時間後には消されていた。
これから先の神聖かまってちゃんはどうなっていくのだろうか。

最近では珍しく落ち着いた良いライブでした。
主催のベルさん、ありがとうございました。
スポンサーサイト

神聖かまってちゃん『友だちを殺してまで。』リリースパーティ 屋根裏2DAYS 4/16

神聖かまってちゃん『友だちを殺してまで。』リリースパーティ 屋根裏2DAYS4/16

竹内氏の撮影した動画以上のレポはないと思いますが、箇条書きで簡単に書きます。

4月16日(金)下北沢屋根裏
Open19:00/Start19:30
SOLD OUT!!!
初ワンマン!!

吉祥寺駅でかまってちゃんファンの知り合いと遭遇し一緒に下北沢屋根裏へ向かった。
下北沢に着くともう開場しているとの事。
近くのコンビニにポケットサイズのウイスキーを買いに行くと、レジでちばぎんさんが会計中だったので挨拶する。
ファーストフード店の前にmonoくんが居たので挨拶する。
雨で極寒の中、列に並び順番を待つ。
順番がきて階段を上り、スタッフに札つきのビニール袋を渡される。外は極寒、中は肉地獄。通勤ラッシュ並の大混雑と聞いていたので上着と帽子を袋に入れてTシャツ一枚になる。
袋を階段に置いてあるだけの臨時クロークに預け、入場した。

配信で見ると人も場所も大きく感じるが、実際に見ると本当に狭い。すでに満員状態でステージはほとんど見えない。200人居たらしい。
例によって例のごとくトイレ前に立つことになった。
近くにステージモニターがあるが、あまり雰囲気は伝わらない監視カメラのような映像だ。

しばらく待つと入場口からノートPC片手にかまってちゃんトレインが登場。お客さんをかき分けてハイタッチしたりしながらステージへ向かう。
ステージに辿り着くとチケットを売りすぎたホットスタッフを煽り、下北沢屋根裏の思い出話。の子さんが泣きながら失禁してほとんど演奏しなかった等。
「ライブやるってレベルじゃねーぞ」と野次ってみたが残念ながら声がステージには届かなかった。
しばらくして前の方のお客さんが「ライブやるってレベルじゃねーぞ」と言うとステージに届いた。
届かない野次は恥ずかしい。
「アゴー」「ユキヤー」「海堂!」「ユッキー!」
mono消しゴムがステージに投げ込まれたりとmonoくん弄りが楽しそうだった。
曲と曲の合間にスタッフが必死に後ろに下がってくださいと注意していたが、下がりようがない。
フロアは押し寿司状態。演奏が始まるとお客さんが前に詰め掛けた。最終的にはトコロテン方式にニュルとステージに溢れ、座って観るお客さんまで出ていた。超特等席だ。

かまってちゃんの配信が音割れまくりでノイズバンドになっていたがかまってちゃんサポートセンターモバぎんをもってしても直せなかった。
ニコ生のコメントで「芝生なんとかしろ」「芝生に直させろ」と書かれまくったせいか。

の子「この中で芝生さんいますか?」

芝生「ウォーイ!」トイレ前から返事してみるも届かない

mono「芝生ー!」
みさこ「芝生さん居ますか?」
mono「手ーあげろ!いるんだろー!上がって来いステージへ」

芝生「上がれるかー!遠すぎじゃ」(声は届いてない)

ステージに上がるのは物理的に無理な状況の中、芝生って誰だよ、上がるなら早く上がれよ的な空気が流れて恥ずかしかった。ちょっと嬉しかったけどね。

ちばぎんさんの「曲やんね?」で助かった。

ノイズ配信の中、コメントするしか方法がない状況のリスナーがワラをもすがる気持ちで「芝生なんとかしろ」と書くのはしょうがないとは思いますがやめて欲しかった。
VistaもWindows7触った事ないし、設定でどうにかなるレベルの音量じゃありません。マイクアッテネーター使ったり、ライン入力にするなりしないと無理です。
もしステージに上がることになってたら、役立たずと罵られネットではボコボコに叩かれ、フロアのお客さんには誰だよお前的な目で見られていただろうから上がれなくて本当に良かった。匿名のリスナー様は怒らせると本当に怖い。

ステージがほとんど見えない上、名前を出された以上、諦めてiPhoneからUstreamで中継することにした。
Ustreamも音割れすると言われたのでトイレから中継する。トイレを使いたい人が来たら悪いので鍵は掛けなかった。
下北沢屋根裏のトイレは照明で真っ赤だ。
一応それなりに配信出来たらしい。

その時のUstream録画
http://www.ustream.tv/user/shibahu/videos


http://www.ustream.tv/channel/shibahudesu

セットリスト

ゆーれい未満
天使じゃ地上じゃちっそく死
笛吹き花ちゃん
自分らしく
学校に行きたくない
通学low
死にたい季節
美ちなる方へ
ロックンロールは鳴り止まないっ
いかれたNeet
肉魔法
ちりとり
ぺんてる
夕方のピアノ
23才の夏休み
あるてぃめっとレイザー

竹内氏の撮影した動画
神聖かまってちゃん【のほほんMC集1】 2010/4/16 下北沢屋根裏


ライブ後
かまってちゃんファンの方と少しお話した。
ある程度人がはけてからドリンクカウンターみたいなところに行くとの子さんとドキュメンタリーの方が居た。
ドキュメンタリー#002のラストがすごく良かったですと伝えた。

神聖かまってちゃん の子さん ドキュメンタリー #002

違う教室から23才の夏休み(みさこボーカル)が薄く聞こえる教室で一人ノートPCをゆっくりと閉じるの子さんが良い。

の子さんと少し話して、電車を間違えつつも帰りました。

神聖かまってちゃん『友だちを殺してまで。』リリースパーティ 屋根裏2DAYS 4/15

神聖かまってちゃん『友だちを殺してまで。』リリースパーティ 屋根裏2DAYSに行ってきました。
音楽に詳しくありませんがそういう人の目線でのレポもありかと思うので書いてみます。
文章を書く練習がてら長文で書いたら無駄に長くなってしまった。素直に箇条書きにすればよかった。

4月15日(木)渋谷屋根裏
Open18:30/Start19:00
SOLD OUT!!!
ゲスト:toddle
opening act:撃鉄

入り口の階段を降りるとフジテレビ「FACTORY」から神聖かまってちゃん宛のお花がいいともよろしく置いてある。さすがフジだ。
受付で誰を見に来たのか聞かれたのでかまってちゃんを見に来たと答えた。
600円の瓶ビールを買い、フロアへ入ると最後部に長机と椅子があり、その奥にはちばぎんさんとみさこさんが座っていてファンの方々に囲まれている。
物販コーナーに6/11渋谷LUSHの先行販売があったので早速購入した。
デアデビルの方も居て、お馴染みのの子Tシャツが売られている。いつ見ても悪趣味なTシャツだ。いい意味で。
フロアはかなり混雑していて、最後尾に少し余裕がある程度で入り口付近はギュウギュウだ。トイレの前は死角になっていてステージが全く見えない為、少し空いている。
かまってちゃんと親しいアイドルオタの方が物販に来て、なにやら楽しげにハロプロの話をしている。
どうやらちばぎんさんにハロプロの写真をプレゼントしているようだ。楽しそうだ。
物販の近くで開演を待っているとちばぎんさんが声を掛けてきてくれた。
アイドルオタの方も僕に気が付いてくれてハロヲタの人ですよねと挨拶した。
それを聞いたちばぎんさんが笑っている。ちばぎんさんは相変わらずゲラだ。

フロアに小さな男の子を連れた男性が居た。バンド関係者だろうか。
そうこうしているうちにオープニングアクトの撃鉄の演奏が始まった。
半裸のマッチョが天井にぶら下がったりステージ上を所狭しと暴れまわる。熱くてノリやすくてカッコいいバンドだった。

撃鉄 - セミPV


尿意の限界がきてトイレへ行く。トイレから出るとさっきより人が増えていて元の場所には戻れなくなっていた。
渋々トイレ前でかまってちゃんの出番を待つが、トイレ前は完全な死角になっていてステージが全く見えない。
ステージを目視するのは諦めて音楽に集中し、ステージを想像することにした。

ゲストのtoddleの演奏が始まった。後で知ったが真っ昼間ボーイズはナンバーガールの真っ昼間ガールからきているのか。

ナンバーガール/真っ昼間ガール(田渕ひさ子ver.)


toddleの誰か
「整いました!神聖かまってちゃんと掛けまして、人気の陶芸教室と解きます。その心は、ロックンロールは鳴り止まないっ」
ねずっちです。

神聖かまってちゃんがいつもの出囃子で登場した。
一曲目はゆーれいみマン。
の子「今は鬱期であまりテンションが上がっていない」
MCは少なめでサクサク進行していく。
トイレ前で目を閉じ、音楽に集中してステージを想像した。

セットリスト

ゆーれい未満
死にたい季節
ロックンロールは鳴り止まないっ
自分らしく
ちりとり
夕方のピアノ
いかれたNeet
怒鳴るゆめ
学校に行きたくない
23才の夏休み アンコール
あるてぃめっとレイザー 再アンコール

アンコール前のMCでの子さんとmonoくんのいつもの掛け合いが始まった。
23才の夏休みが終わりMCでの子さんがいいともの三本締めをやろうとするが失敗した。
拍手に見送られて退場するがまさかの再アンコール。

の子「だいぶダイブした」

ステージが全く見れなかった僕はここで初めてダイブしていた事に気が付いた。
僕の想像力が足りなかったというより、かまってちゃんのパフォーマンスが遥かに上回っていた。
再アンコールであるてぃめっとレイザー。この曲は本当にカッコよくて好きだ。ステージは見えないけれど興奮した。

後日、竹内氏の撮影した動画を観ると本当にダイブしまくりだった(笑)
神聖かまってちゃん【学校に行きたくない】2010/4 /15 渋谷屋根裏


ライブ後、ちばぎんさん、みさこさん、monoくん、の子さん、ドキュメンタリーを撮影している方とお話出来た。
ちばぎんさんは運転やライブ後で疲れているだろうに嫌な顔ひとつせずに話してくれた。
monoくんが女の子に囲まれていたので調子にのってんじゃねぇぞとちばぎんさんと一緒に絡みに行ったら、なんとその一人はmixiのmonoコミュ管理人だったので驚いた。monoくんも隅に置けないな。
みさこさんがピアキャスの頃より可愛くなっていてウザかった。
ドキュメンタリーの方に色々聞けて良かった。

の子「芝生さんはライブハウスに居ても普通に違和感がなくてAV監督みたいっすよ」

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。